知的障害者の保育事業における合理的配慮事例

2021年度掲載
事業所名
合理的配慮事例・2021212
業種
医療・福祉業
従業員数
1,650名
職種・従事作業
保育園における清掃作業
障害種別
知的障害
障害の内容・特性
就労上の課題
事例の対象者(以下「対象者」という。)は、理解に時間がかかる、自己判断をする、空間認知がやや苦手という特性があり、工程が多く複雑な作業は難しく、同時に複数の指示を出されると混乱する。40年近く、菓子製造販売会社で箱詰め等の業務に従事しており、清掃作業での就労は本事例の事業所(以下「事業所」という)が初めてとなる。清掃作業で他事業所にも応募したが、清掃スキルの向上が見込めないという理由で職場実習(以下「実習」という。)後に不採用となった経緯がある。

アンケートのお願い

皆さまのお役に立てるホームページにしたいと考えていますので、アンケートへのご協力をお願いします。
なお、事例掲載企業、執筆者等へのお問い合わせや、事例掲載企業の採用情報に関するご質問をいただいても回答できませんので、あらかじめご了承ください。
※アンケートページは、外部サービスとしてユミルリンク株式会社提供のCuenote(R)を使用しております。

アンケートに答える(別ウィンドウで開きます)